商売で最も大事な「客層」 購入者が外国人の場合の注意点 傾向と対策

   

 

風太郎です。

 

 

昼間の LINE でお届けしました音声

自力で稼ぐことの重要性

働き方改革「勤務間インターバル」とは。。。

まだお聞きになってない方はどうぞ。

→ https://www.youtube.com/embed/Jjlkvbm5u0Q?rel=0

 

 

時代が目まぐるしく変化してますよね。。。

自分の力で稼ぐことができることが、

どれほどの救いになるか。。。

身をもって感じる時代が

もう目の前にやってきてるような気がします。

 

 

さて、今日は、

先週開催しました、

風太郎中古カメラ販売ビジネスの

マスターコースの勉強会の内容から、

最も大事な点を、少しだけ振り返って

みたいと思います。

 

 

商売をやる上で、「お客様の層」を

認識できているか?

これ、とても大事なことなんです。

とにかくこれを理解しないと、

売るものも、

売り方も、

決まりません。

「誰に」「何を」売るか?の、

「誰に」の部分です。

これ、実は商売の当たり前の常識です。

 

 

しかし、ネットで物販をやろうとする人は、

「何が売れるのか?」

「どうやって安く仕入れるのか?」

「どうやって高く売るのか?」

を最初に考え始めます。

 

 

一番大事な「誰に」をすっ飛ばして、

ハウツーを知りたがります。

この時点で、

最初からつまづいてしまう

大失敗の始まりです。

 

 

ということで、先日の勉強会では、

「誰に売るのか?」

をかなり時間をかけて、

しっかりレクチャーしました。

 

 

この「誰に」売るのかが決まると、

その「誰に」に対しての売るカメラの機種が限定されて、

その「誰に」に対してのカメラの売り方も決まります。

売るカメラの機種が限定されると、

安く仕入れるための限定的な仕入れ方があります。

 

 

なぜ、その売り方をするのかの「理由」の根拠が

「誰に」という客層になるわけです。

とにかく客層を決める!

その客層の決め方を懇切丁寧にお教えしました。

 

 

そして、実は、

勉強会で解説し忘れたことがありますので、

今日は、その内容の「解説動画」を作りましたので、

読者さんに大サービスでお届けします。

 

 

購入者が外国人の場合の悩み、注意点。。。

その傾向と最適な対策

→ http://harmonycamera.com/1wd6

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

風太郎の販売戦略とは、

私が副業で7年間「中古カメラ販売」で月に平均30万円

稼ぎ続けることができている

販売手法です。

「副業」で月収30万円です。

この販売戦略を知りたい人は、

下記、LINEに友達申請をしてください。

 

もちろん「友達申請は無料です!」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私自身が現役でカメラ販売でいる日々の

貴重な「ネタ」を毎日大公開しています。

無料でyoutubeにアップされているような内容と比べると、

お金をいただいてもいいくらい超優良級な稼ぐコツを

毎日発信しています〜

これをいち早く知りたい人は、

絶対に登録してくださいね〜。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像のQRコードから飛ぶか、
http://qr-official.line.me/L/O0QWioB0of.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・

あるいは、LINEで
@fu-tarou
を検索して友達追加してくださいね〜

・・・・・・・・・・・・・・

line://ti/p/@aiw0199s

 - 未分類